トップ l 焼鳥串刺し工場とうなぎ加工工場

焼鳥串刺し工場とうなぎ加工工場
原料集荷からお客さまへお届けするまですべて一貫して自社で行う それが、日本一の安心・安全・おいしさの秘訣です。

日本一には、自社の焼鳥串刺し工場とうなぎ加工工場があります。
どちらも鮮度の高い食品を、美味しく安全にお客様にお届けするために欠かせない行程が詰まっています。
自社工場だから行えるおいしさの工夫、スピード・・・、工場見学に来た気分でご覧ください。

焼鳥串刺し工場
日本一の串工場

ブロイラー産出額全国2位 岩手県の二戸市に焼鳥の刺し工場があります。工場近辺にはブロイラーの処理場が多く、鮮度の良い鶏肉を仕入れられます。また、焼鳥製造業では初となるRFID(ICタグ)を導入した最新の工場で、衛生面のみならず、安全面でも信頼の置ける工場です。

1 仕入れ 2 串刺し 3 RFID
近隣のブロイラー処理場から鮮度の良い鶏肉を仕入れます。   部種の特徴にあわせて、手作業もしくは機械で、1本1本丁寧に串刺ししていきます。   串刺しされた焼鳥は、焼鳥製造業では初となるRFID(ICタグ)で管理されます。
これにより、いつ誰が加工したものなのか、的確にわかります。
4 冷やしこみ、梱包 5 出荷    
串刺し後、鮮度と衛生を保つため、冷やしこみがされ、素早く梱包されていきます。   全国200店舗へ、鮮度の高い商品を届けるため、加工され出荷されます。    
うなぎ加工工場
日本一の串工場

千葉県野田市にある日本一本社の敷地にうなぎ加工工場があります。川魚問屋として創業した利点をいかし、信頼できる生産者から良質な活鰻のみを仕入れています。最新の設備を備えておりますが、割きなどの工程は、現在でも手作業で丁寧に行っております。

1 仕入れ 2 割り 3 串打ち
信頼できる生産者から、生きたまま仕入れ、本社工場で調理していきます。   うなぎを選別しながら、手作業で一匹一匹丁寧に割いていきます。
うなぎは背開きで開き、さらに手間をかけて、背びれを取り除きます。
  割かれたうなぎは、規格に沿って厳しく選別され、サイズにあわせて、ひとつひとつ串打ちされていきます。
4 焼き→蒸し→焼き 5 瞬間冷凍    
串打ち後、すぐにラインで、皮側と身側を焼きあげていきます。
さらに遠赤外線を使用して、小骨まで焼くことで、口当たり、ふっくら感とともに、最高の美味しさに焼きあがります。
  白焼き後、冷やしこみがされ、素早く梱包していきます。
また出荷にあわせて各ロットに整理し、専門店へと納品されます。
   

みなさん、焼鳥の串やうなぎの蒲焼きができるまでの流れはわかりましたでしょうか?
品質管理や衛生管理は機械やシステムによって徹底し、その一方で食品の加工はひとつひとつ心を込めて手作業しています。みなさまのお手元に届く商品が、より美味しいものであることを願いながら日々生産しています。

日本一の串工場
焼鳥串刺し工場とうなぎ加工工場
工場の取り組み

あなたのそばの日本一 お近くの店舗をお探しの方はこちらからクリック

日本一 惣菜店

鰻(うなぎ)専門のオンラインショップ

日本一モバイルサイト